東京国際ビジネスカレッジ公式ウェブサイト

学校説明会・資料請求

2017年8月3日木曜日

日中ビジネス通訳コース 学園祭 「Heart-touching Theater 感動劇場」!

さあ今年もやってきました!
TIBC学園祭!!

日中ビジネス通訳コースでは日頃の勉強の成果の発表の場として
「Heart-touching Theater 感動劇場」と題して、クラス毎に出し物を披露しました。

さあ、日中感動劇場へ出かけてみましょう!


合唱だ!ダンスだ!

 
また、中国から来た学生はあちらで専門的に学んでいた舞踊独唱を披露してくれました。
 
 
また、今、中国の若者に大人気の「マーラータン」を作って食べさせてくれる学生も!
 
旅行や写真撮影が好きな学生は「写真館」で作品を披露!
ラストは歌い手も観客もなく、会場全員で大合唱!

歌に国境はない!歌の力の大きさを再確認した学園祭でした!!

2017年8月2日水曜日

日越コース「 学園祭」

日越ビジネス通訳翻訳コース

 学 園 祭  

     ベトナムは「美味しい」

「食」を通じて、ベトナムに親しみを持ってもらいたい。

日本の人にも中国の人にも、どこの国の人にも、きっと口に合うベトナムの料理

おいしい ベトナム料理とデザートの模擬店を出店しました。

実践に学びがある

 当コースの行事は講義を補完するものです。講義で得たものを実践で身につけること、「プロジェクト」遂行を通じて、組織運営を体験し、ビジネスの講義で学んだことを再確認させるなど、楽しい催しの中にも「学び」があります。
 

自主的に 

企画、準備、運営、経理、火元と衛生管理以外は全て学生達が行いました。
 
 

自主性を育てる教育の一つです。

 















 経理は領収書をもとにして出入金の帳簿を作り、コース長に報告することが義務づけられています。



 
これも学生の手作り。豚の耳、鼻、その他を固めた冷製

2017年7月31日月曜日

「第3回 先輩が語る成功の方程式」開催!

729日、東京国際ビジネスカレッジでは学園祭がおこなわれました。
難関大学進学クラスでは、「第3 先輩が語る成功の方程式」と題して、OBOGを招いての合格体験発表・交流会を開催しました。

頑張る後輩たちのためにと、15名の先輩が遠くは仙台・東北大学から駆けつけてくれました。
第一部の合格体験発表会では、受験に打ち勝つポイントを実際の経験に基づいてお話しいただきました。

日本留学試験の対策、志望理由書の作成、面接の練習など、普通はなかなか聞くことのできないお話を詳しく伺いことができました。
厳しい受験競争を勝ち抜いて合格を手にした先輩方の話に、在校生はメモを片手に引き込まれるように聞いていました。
また、先輩方の話から時おり伺える、忙しくも充実した大学生活に憧れを募らせ、「絶対合格」という強い決意を固める学生が多く見受けられました。


第二部の交流会では、昼食をとりながら、憧れの大先輩に受験勉強の方法や大学について熱心に質問をしていました。
先輩方も丁寧に対応してくださり、大盛り上がりの時間となりました。
最後に先輩方からサプライズプレゼントとして、学問の神様が奉られている湯島天神の「合格祈願えんぴつ」をいただき、在校生のモチベーションは最高潮に。
あとは先輩たちに続くだけ。

目標も新たに合格に向かって突き進みます!

2017年7月26日水曜日

日越コース大運動会


 日越ビジネス通訳翻訳コース 

 

 恒例の 第三回 大運動会 開催

7月12日 東京武道館

種目: ソフトバレーボール、バドミントン、卓球、10m大縄跳び、クイズ「丸か×か」、   
    大綱引き

 第三回を迎える今年、会場を綾瀬の東京武道館大武道場に移し、
  
 Tシャツも和風で一新、一年生3クラスが加わって、熱い戦いが繰り広げられました。
 

  今年はバドミントンのレベルが上がり、試合は男女ともかなりのハイレベル。
スピード感のある応酬は見応えがありました。

  また、恒例の10m大縄跳びは今年も好調。
新たに加わった クイズ「丸か×か」も好評、スポーツ知識の意外な盲点をつかれて、困惑。
 
 
   ※出題例: バレーボールとサッカーボールはどちらが大きいか?

そして、大締めはやはり、「大綱引き」
制限時間20秒に全力を振り絞り、勝敗を争いました。

優勝はどこのチームに?



クラスの輪(和)も生まれました。

優勝はVJP

 
なんと3年連続で黄色チーム、3年連続で午後クラスが優勝
イエローダイナマイトの驀進が止まらない!


運動会の呪い 2年連続最下位の 緑チーム

(今年はVJA-B)

掃除は今年も緑のクラスでした。ご苦労様。




































  

日越コース サービス接遇検定試験 1年生合格

日越ビジネス通訳翻訳コース


「文部科学省後援 サービス接遇検定試験3級」(実務技能検定協会主催)

  学習歴3か月 1年生4名が挑戦!  1名合格

                            3名は 各1分野に及第


 接客業に欠かせない、応対の心構えと技能と敬語を用いた言葉遣い、場面に応じた臨機応変の対応力をはかる検定試験です。

 
 大学、専門学校で取り入れているところも多いのですが、受験者の多くは日本人で合格率は複数回受験も含めて63.2%

 日越コースも通常は11月に受験しますが、今年は意欲的な1年生4名が6月に挑戦。
理論と実技の二分野で、1名が合格、他の3名は理論あるいは実技いずれかの分野で及第点を獲得という好成績をおさめました。

 
 他の学生にも大いに刺激になり、4人に負けじと、講義は熱気にあふれ、夏の盛りに大炎上!

 
 

  
 

   

 
 
  

※ 写真はイメージです。
  本人の希望と情報保護の合格者の氏名、顔写真は掲載していません。

2017年7月3日月曜日

勝負の夏のその前に -難関大学進学セミナー-


629日に立命館大学、法政大学、青山学院大学、上智大学の4校にご来校いただき、
「難関大学進学セミナー」を開催しました。
例年はブース形式で行っていましたが、今年はセミナー形式で行われました。

立命館大学
法政大学
青山学院大学
上智大学  
このセミナーには、憧れの志望校を具体的な目標として意識させ、学習に取り組む意識を変える目的、希望進路未決定者は大学の説明を聞くことで、学びたい分野や進学したい大学を早期に決定させる目的があります。


大学で勉強できる専門科目や大学の特徴などはもちろん、受験情報など興味深いお話を伺うことができました。熱心に説明を聞き、たくさんの質問をしている学生たちの姿が見られ、各大学の先生方には大変丁寧にご応対いただきました。




セミナー形式ですので、ご来校いただいたすべての大学の説明を聞けます。
興味をもっていた大学はもちろん、今まであまり興味のなかった大学についても
丁寧な説明を聞く中で、その魅力に気づいた学生も非常に多く、大変有意義な時間となりました。





大いに刺激を受け、「大学合格」に向けた決意がさらにかたいものになったようです。
勝負の夏!合格に向け、一直線!