東京国際ビジネスカレッジ公式ウェブサイト

学校説明会・資料請求

2016年8月8日月曜日

GLOBAL CAFE de Fiesta and Time for fun and entertainments!!

 
 

TIBC School Festival


 


Business English & Japanese Business Culture Course hosted "GLOBAL CAFE" and each student contributed own global hospitality service and spirit to every customer visited at the cafe. We planned and discussed, and discussed for this event and I believe everyone did superb job for decorating the room, purchasing international drinks & snacks, practicing their stage performance, and taking cafe duty-sharing.

 
At the entrance, we cheerfully welcomed al visitors with shiny teeth and a Vietnamese traditional costume by saying "Welcome to our Global Cafe!"
 
 
The most students are determined to work in hospitality industries, so some volunteered servants welcomed and took orders in English to gain little practical training opportunities there.
 
The first CAFE shift was hosted by EJA (1st year Morning class) and 2 students from Vietnam and Myanmar performed a Duet, "I have a Dream: originally performed by Westlife".
 
  

In the afternoon, EJP (1st year Afternoon class) took over the CAFE shift and performed "Give Me Some Sunshine: originally performed by 3 idiots". Plus, a student from Bolivia performed SAMURAI SALSA DANCE!

 
 
 
Late afternoon, ESP (2nd year afternoon class) took over and presented Karaoke stage for all. A Japanese students sang " Let`s It Go" from the movie, Frozen (アナと氷の女王).  
 
AND THEN! This Global Cafe turned into a DANCING CAFE! All students from Nepal, India, China, Taiwan, Myanmar, Vietnam, Bolivia, Sri Lanka, Russia, Thailand, Bangladesh, Indonesia, and Japan got together and DANCED! DANCED! and DANCED! with international music!
 
The Global Cafe closed at 16:00 and they seemed enjoyed serving and dancing! After several years at TIBC, we restarted this school festival. It was the first and last festival for ESP students, but EJA/EJP students might have another one next year. We hope that it was a fruitful opportunity for expanding academic & business perspectives : planning, discussing, collaborating, and creating something great and new!

  
I think this Global Cafe was the most globally crowed spot at TIBC on this day. We had all Business English & Japanese Business Culture students, but also a lot of students from other courses! We could do this because all the important Puzzle pieces got together and made this CAFE successful! I hope students learned and experienced this great magic of great UNITY and TEAM-WORK! with extra behind scene jobs!!
 



2016年8月5日金曜日

第2回 先輩が語る「成功の方程式」開催!!

  730日、土曜日に第2回 先輩が語る「成功の方程式」と題して、難関大学・理系学部進学クラスのOBOGを招いての成功体験発表・交流会を開催しました。集まった先輩方は2014年度と2015年度の修了生、計10名。遠くは宮城県静岡県からこの日のためにわざわざ駆けつけてくださいました。


後輩たちのために駆けつけてくれた先輩たちと一枚




第一部の体験発表会では、つらい受験生時代の思い出から今の楽しい大学生活の様子まで、先輩方がひとりずつ、思い思いに語ってくださいました。(中には、ホワイトボードを使って講義を始める先輩も…)厳しい受験競争を勝ち抜いて成功を手にした先輩方の話に、在校生も真剣に耳を傾けます。




真剣にメモを取る学生

先輩による突然の講義


第二部では、横浜国立大学在学中のI先輩、埼玉大学大学院に在学中のC先輩が、それぞれ受験生としての心構えや諸受験ノウハウ、大学の特色についてプレゼンテーションを行ってくれました。忙しくも充実した先輩方の学生生活の様子を聞いて、在校生は憧れを募らせていました。







 体験発表会の後は、みんなでカツ丼(受験に勝つ己に勝つ!)を食べながらの交流会です。在校生は先輩方に、受験勉強の方法や大学について熱心に質問をしていました。


 来年は自分たちが成功者として後輩の前に立てることを目標に、難関大学・理系学部進学クラスのみんなは合格に向かって一直線です。




2016年8月3日水曜日

オープンキャンパス開催!&学園祭開催!

7月30日(土)に日本人対象のオープンキャンパスと学園祭を開催致しました。
当日は天候にも恵まれ多数の生徒様と親御様にご来校を頂きまして当校の説明を行いました。
模擬授業からランチ、そして学園祭を同時開催しておりましたので合計5ヶ国の留学生に母国の
挨拶言葉を教えてもらうというスタンプラリーを実施致しまして楽しい時間を過ごして頂くことができたと思います。学園祭も盛り上がりまして在校生と来校者様の触れ合いがすごく印象的でした。
今後もこのようなイベントを開催して当校の魅力を伝えていければと思います。
次回は8月28日(日)のオープンキャンパスで皆様にお会いできることを楽しみにしております。




オープンキャンパス説明会
ランチは世界五カ国の料理をご用意
スタンプラリーでドイツ人留学生とコミュニケーション中
スタンプラリーでボリビア人留学生とコミュニケーション中
学園祭でマルシェとフリーマーケットを行いました



2016年8月1日月曜日

TIBC学園祭 日中コース「日本才芸大会」

 730日(土)、梅雨明けをしたばかりの青空のもと、TIBC学園祭が盛大に行われました。日中コースの1年生、2年生は「日本才芸大会」というテーマで、日頃の学習成果を様々な形で発表しました。どの発表も会場を訪れたお客様を沸かせていました。
 日中コースの会場は3つのエリア。
 メイン会場となったHear-touching劇場」、日中コースの卓球代表選手に勝負を挑むことができる「日中卓球スタジアム」、そして在校生の芸術作品を展示した「目指せ世界遺産!日中“美術”館」です。

Hear-touching劇場」

 1年生のグループが披露したのは、古典落語の演目として有名な「寿限無」をテーマにしたコントです。覚えるだけでも難しいセリフ回しを見事に演じ、何度も何度も拍手が沸いていました。日本語だけでなく、登場人物の感情を丁寧に表現できていたところが素晴らしかったです。





 次いで、12年生の有志による盆踊りの披露です。男女とも浴衣を着て、東京音頭と炭坑節を踊りました。





 2年生午前クラスは「小さな恋のうた」を合唱しました。クラス全員、男女混声による感動的な歌でした。原曲は恋の歌ですが、日々励ましあう大切な存在としてクラスメートへの思いも込められていたように思います。友情と団結力が伝わるステージでした。



 
 2年生午後クラスは日本語劇「白雪姫」を演じました。クラス全員が出演し(および監督1名)、そして最大の見せ所は、男役を女子が演じ、女役を男子が演じたことです。われらがコースの白雪姫は、それは見事な体格ではありましたが、可愛らしい演技で会場を沸かせ、笑わせていました。繰り返し練習した成果もあり、登場人物の掛け合いも見事でした。




◆「日中卓球スタジアム」

 別会場では、日中コースから選抜された卓球選手が、腕に覚えのあるお客様からの挑戦を受けました。さすがは卓球王国出身の学生だけあって、強い強い!





◆「目指せ世界遺産!日中“美術”館」

 エレベータホールに開設された美術館には、写真、絵画、ポスターなど、美術を志す学生、芸術を趣味とする学生から寄せられた作品が展示されました。日本を題材にした作品も多く、作品を通じて留学生が日本をどのように捉えているのか知ることができました。









日越ビジネス通訳翻訳コース NTTドコモ歴史展示スクエア

 

7月28日(木)当校から徒歩15分に位置するNTTドコモ歴史展示スクエアへ行ってまいりました。


今や私たちの暮らしに欠かせない携帯電話。
その黎明期から現在に至るまでのあゆみを一堂に展示しているのが、こちら墨田区両国にある「NTTドコモ歴史展示スクエア」です。
国立科学博物館「重要科学技術史資料」に登録されている「ショルダーホン」「携帯電話」の開発者だった、館長の西木さん自ら携帯電話の歴史について語っていただきました。



  

最後には「NTT DOCOMO Vision 2020」を見せていただき、NTTドコモの目指す、通信ネットワークの明確な未来の姿に、学生達も驚いていました。
作家ジュール・ヴェルヌの「人が想像することは、必ず人が実現できる。」という言葉が有名ですが、学生達も自分の未来の姿を思い描き、それに向かって突き進んでいくことの重要さがわかったように見えました。